• スキンケアの一番始めに使う化粧水の効果とは

    化粧水の効果はいくつもありますが、一番は「肌に潤いを届けること」です。


    洗顔をした後や外気が乾燥している季節、クーラーやヒーターが効いた室内に一日中いる場合などは特に、保湿をして肌を乾燥から守る必要があります。保湿がなぜそこまで大切なのかと言うと、肌が乾燥すると肌バリアが弱くなるため、紫外線などの外部刺激から肌を守れなくなってしまうからです。


    また、乾燥はしわやたるみの原因にもなるため、常に肌が潤った状態をキープする必要があります。
    また、大人ニキビの原因の一つとして乾燥が挙げられており、肌に潤いを与えることで改善することがあります。保湿をすることで肌の新陳代謝が正常になり、古くなった角質をスムーズに剥がして新しい細胞が生まれる手助けとなりますし、毛穴周りの角質が柔らかくなることでニキビの元が作られにくくなります。

    今、最も注目を集める化粧水の効果情報のことならお任せください。

    その他の化粧水の効果は、次に使う美容液の通り道を作り、美容液の浸透性を高めるというものです。


    どれだけ優秀な美肌成分でも、肌に浸透しなければその効果を発揮することができません。



    乾燥している肌はとてもゴワゴワしていて水分が角質層に入って行きにくいことがあります。



    水分は水分に引き寄せられるので、美容液の前に化粧水を使うことで、美容液の美容成分が引き寄せられるように肌に入って行きます。
    化粧水で十分な保湿をして柔らかくなった角質は美容成分をよく通すようになるので、スキンケアの一番の始めには化粧水を使うことをおすすめします。